広島エリアで消防設備点検・防災・防火点検ならお任せ下さい。

見積無料 お気軽にご相談下さい。 082-962-3295 【受付】8:00~20:00 【不定休】

ブログ一覧


三相3線式の電気配線について

変圧器が2個の電柱

 

 

【1個目の変圧器は単相3線式】

 

 

 発電所で作らた電気は変電所を経由して6,600vの高圧電線で送られ、近くの電柱で200Vや100Vにして低圧電線で建物に来ます。

 電柱には変圧器が1個と2個の電柱があり、変圧器が2個の電柱を見ると、3本の高圧電線が変圧器2個の一次側に接続されています。

 変圧器Aの一次側に接続されている高圧電線は2本です。

 変圧器Aから出ている二次側の低圧電線は変圧器が1個の電柱と同じように3本あります。

 従って、2個ある変圧器のうち1個は、一次側の高圧電線が2本、二次側の低圧電線が3本で、両端の電圧は200V、両端と中央の電線は100Vで、変圧器が1個の電柱と同じように単相3線式を供給しています。

 

【単相3線式の電気回路】

 

 1個目の変圧器の回路を図に描くと、変圧器Aの低圧側の①極と②極の間に200V機器を、①極と中央の電線との間に100V機器を、中央の電線と②極との間に100V機器を接続し、変圧器が1個の電柱と同じように単相3線式を供給しています。

 中央の電線は変圧器が1個の電柱と同じように接地しており①極及び②極と大地間の電圧を100Vに抑え、感電による被害の軽減を図っています。

 

 

【2個の変圧器で三相3線式】

 

変圧器Bを見ると、一次側の高圧電線も二次側の低圧電線も接続されている電線は2本づつです。

変圧器BのS極と変圧器Aの②極を接続し、変圧器BのT極・S極と変圧器AのR極の3極で三相3線式を供給しています。

 

 

【三相3線式の電気回路図】

 

 三相3線式の回路を図に描くと、変圧器BのS極とT極の間が200V、変圧器AのR極(①極)と②極に接続された変圧器BのS極の間が200Vとなります。

 3本の低圧電線にはそれぞれ120度の位相差があるため、変圧器BのT極と変圧器AのR極との間に200Vが現れ、R極・S極・T極からの低圧電線3本でそれぞれの電線間の電圧が200Vとなり、動力用と呼ばれる三相3線式を供給しています。

 R極とT極の間にもう1個変圧器を設置しΔ結線とするのが本来の姿ですが、変圧器AとBとでV字型に接続し、V結線で三相3線式を供給することができます。

 

 

【単相3線式・三相3線式両方の電気回路図】

 

 変圧器2個の回路図は、変圧器Aの①極②極と中央の電線で単相3線式を供給し、変圧器BのS極・T極と変圧器AのR極で三相3線式を供給し、変圧器2個で単相3線式三相3線式の両方を供給しています。

 これは高圧電線3線でV結線として単相3線式・三相3線式の両方を供給している例で、高圧電線4線又は5線で供給している地域もあり、詳しくは管轄電力会社で確認して下さい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 なかの消防サービス. All rights Reserved.