尾道市の消防設備点検なら、なかの消防サービスにお任せ下さい。

見積無料 お気軽にご相談下さい。 082-962-3295 【受付】8:00~20:00 【不定休】

尾道市で元消防士が、
安く誠実に点検します。

尾道市で消防にまつわる事、ぜひお気軽にご相談ください!

・現地調査不要!!
・仲介手数料不要!!

新着情報

MORE

尾道市で消防設備
点検を安く行います。
元消防士が誠実に点検、
なかの消防サービス


尾道市で消防に関することは消防のプロにお任せ下さい。

尾道市の消防設備点検・防災・防火点検なら │なかの消防サービス

 現地調査を不要にするなど経費を抑えて安く消防設備点検を行います。屋内消火栓ホースの耐圧試験は1本2,000円(基本料10,000円)連結送水管の耐圧試験は40,000円(消費税・諸経費別途)で行います。
 火災現場や防火防災指導・消防設備トラブル対応などの経験、大型観光施設・病院・老人ホーム・飲食店・店舗・学校・マンション・工場・倉庫など様々な建物を点検してきた経験により、尾道市で確実な点検を行います。
 尾道市のお客様から「お願いして本当に良かった!」というお声をいただけるよう親切丁寧な仕事をします。

なかの消防サービスのこだわり

  • 消防設備の確実な点検

    消防士の経験を活かし確実な点検をします。

    1
  • 消防のことなら全てお任せ

    防災管理・防火対象物点検などもお任せ下さい。

    2
  • 訓練やトラブル対応をサポート

    いざという時の消防設備の使い方を説明します。

    3
  • わかりやすく安価な料金

    消防設備の種類と数で決定、自分で計算できます。

    4

実績例

一覧を見る

尾道市の料金例


耐圧試験(基本料金+各種料金)
連結送水管耐圧試験40,000円1系統
連結送水管耐圧試験20,000円2系統目から
ホース耐圧基本料金10,000円
40A屋内消火栓ホース2,000円1本
65A屋内消火栓ホース3,000円1本
諸経費10,000円~
自家発電設備の疑似負荷試験の料金
電気容量電圧実負荷試験料金の目安疑似負荷試験料金の目安備 考
~150KVA200V60,000円~120,000円~自家発電設備の設置場所は地上や屋上など様々です。
屋上にEVが行かない建物もあります。
自家発電設備近くに装置の搬入が困難な建物もあります。
詳しい料金はご相談下さい。
150KVA~300KVA200V80,000円~160,000円~
300KVA~450KVA200V100,000円~200,000円~
450KVA~200Vご相談下さいご相談下さい
6,600Vご相談下さいご相談下さい
消防設備点検基本料金
基本料金 延べ面積 総合点検(1年毎に1回) 機器点検(6ヶ月毎に1回)
1,000㎡未満18,000円17,000円
1,000㎡~10,000㎡未満19,000円18,000円
10,000㎡~50,000㎡未満21,000円19,000円
50,000㎡~100,000㎡未満23,000円21,000円
100,000㎡~200,000㎡未満26,000円23,000円
200,000㎡以上31,000円26,000円
設備料金ホームページ上部メニューバーの「ご依頼の流れ/料金」からご覧下さい。
消防設備工事(設備費+工事費+試験調整費+廃材処分費+消防届費+諸経費)
設備費ホームページ上部メニューバーの「ご依頼の流れ/料金」からご覧下さい。
工事費1,000円~
試験・調整費2,000円~
廃材処分費適宜
設置届21,000円~必要な場合のみ
着工届42,000円~必要な場合のみ
諸経費15,000円~設備送料・交通費等
見積無料 お気軽にご相談下さい。 082-962-3295 【受付】8:00~20:00 【不定休】
メールでのお問い合わせはこちら CLICK

尾道市について


尾道市の特徴

 尾道市は瀬戸内のほぼ中央に位置し、山陽新幹線は新尾道駅に停車し、山陽本線は尾道駅と東尾道駅があります。

 山陽自動車道は尾道ICがあり、尾道JCTは中国やまなみ街道の起点で島根県の松江まで無料の高速道路が続きます。

 瀬戸内しまなみ海道の本州側の起点で、四国への風光明媚な景色の中を自動車はもちろん、自転車でも行けるなど人気があり、東西南北いづれへも交通の便が良いです。

 海を望む階段や坂道、尾道水道や数多い寺院など、歴史ある町並みで、数々の映画の舞台となっています。

ご依頼の流れ

  • Step1 お問い合わせ

    お電話やメールでお問い合わせ下さい。
    現地調査(無料)の日程を決めさせていただきます。

    消防設備の種類と数が分かればお見積りが可能です。

    お問い合わせ

  • Step2 現地調査・お見積り

    消防設備の種類と数が分かれば、現地調査を省略してお見積り致します。

    消防設備の種類と数が分からない場合、概算でお見積し、正式には点検時にご相談します。

    現地調査・お見積り

  • Step3 ご契約・点検日時決定

    お見積りは無料です。
    お見積りをご検討いただき、ご納得いただきましたら正式にご依頼をいただきます。

    ご依頼をいただいてから、点検日時・警報音鳴動の時間帯等について決めさせていただきます。

    ご契約・点検日時決定

  • Step4 点検

    予定の日時にお伺いして点検を行います。
    点検と合わせて、設備の使い方やトラブル発生時の対処法について説明します。

    ご希望があれば、消防訓練の指導を行います。

    点検終了後に結果をお伝えします。

    点検

  • Step5 点検の結果

    報告書にまとめてお渡しします。

    不具合がある場合は応急処置したり対処法をお伝えします。

    簡単な補修であれば、無料で行います。
    修理が必要な場合はお伝えします。

    点検の結果

  • Step6 消防署提出

    消防署に報告が必要な場合は、提出し受理された報告書(控)をお渡しします。

    修理が必要な場合は、現状のまま消防署に報告するか、改修してから報告するかご相談致します。

    消防署提出

よくある質問

  • 消防設備とは何ですか?

    火災が発生した時に必要な設備で次の3種類があります。
    ①消火設備~消火器・スプリンクラーなど、消火するための設備
    ②警報設備~自動火災報知設備・非常ベルなど火災を知らせる設備
    ③避難設備~避難器具・誘導灯など避難する時に役立つ設備

  • 消防設備はどんな建物に設置する必要がありますか?

    一般の住宅には、住宅用火災警報器が必要です。

    マンションや店舗などは、用途や面積で設備が決められています。

  • 消防設備は設置するだけで良いですか?

    設備が正常に機能することを定期的に点検する必要があります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 なかの消防サービス. All rights Reserved.